魚の目を持つこと

既に20世紀型の経済の仕組みは終焉を向かえ、新しい仕組みで各産業界は本格的に動き始めています。そういう環境の中、私共に相談に来られる経営者の方々は、大変素晴らしい事業を経営されているにも関わらず次のような共通の課題を抱えています。

 

 

 

 

経営者のモノの見方にはマクロを「鳥の目」で、ミクロを「虫の目」で見ることが大切になります。この二つの目に、時代を見通す「魚の目」も重要なモノサシと考えます。魚は、潮の流れで天敵や餌を察知しています。SCFでは、「鳥・虫・魚」といった様々な視点と対話を通じて、事業発展へ具体的に直結する「ヒント」を提案しております

Print This Page